ねこと日本酒

本日の1本

【本日の1本】ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母「NEXT5のリーダー」が醸す日本酒その味わいは?

【本日の1本】ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母「NEXT5のリーダー」が醸す日本酒その味わいは?

日本酒には出会いがある。

いつも飲んでいる日本酒。運よく買えたスペシャルな日本酒。たまたま買ってみたら好みだった日本酒…。

ここでは、唎酒師のわたしが出会った「本日の1本」を紹介します。





本日の1本は、秋田県秋田市にある「秋田醸造 株式会社」さんの醸す「ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母」です。

そもそも「ゆきの美人」とは?

そもそも「ゆきの美人」とは?

ゆきの美人という銘柄の日本酒を醸す秋田醸造さんは秋田県秋田市にあり、1919年(大正8年)に創業した酒蔵さんです。

酒蔵の近くを流れる旭川を挟んで向かい、徒歩5分ほどには日本酒業界に伝統と革新で新風を巻き起こし多くの日本酒ファンを持つ「新政酒造」さんがあります。

実は、秋田醸造さんの創業者である小林幸一さんは元々新政酒造で杜氏を務めていました。

その後、新政を辞めて自身の酒蔵をスタートし秋田醸造があります。

現在、秋田醸造の社長を務めるのは3代目となる「小林忠彦」さんです。

小林忠彦さんは高校卒業後は、東京の中央大学理学部精密機械科に進学をしており実家の酒造りとは異なる道に進んでいました。

そして、1987年に親の後を継ぐべく酒蔵へ戻ることとなりました。


純米酒ブランド「ゆきの美人」への道のり

純米酒ブランド「ゆきの美人」への道のり

元々、秋田醸造さんでは「桶売り」という大手酒造メーカーのOEM商品として醸すお酒が商売の中心でしたが時代と共に必要とされなくなってゆきました。

自社のブランドは「竿灯」(かんとう)という秋田市で行われる「秋田竿燈まつり」が名前の由来となった銘柄の普通酒を醸していました。

小林忠彦さんが蔵へ戻り変化したことが

という点です。

分析を得意とする小林さんは、新設備になる前から秋田県醸造試験場に通い酒造りを学んでいました。

そして酒造りに没頭する日々を過ごし「ある程度甘みがあるが、酸味が強い酒」という目指す方向性がかたまってゆき「美しい酸を出すこと」が命題となり今のゆきの美人があります。

NEXT5のリーダーとは?

NEXT5

わたしが「ゆきの美人」という日本酒を知ったきっかけがこちらのNEXT5からです。

新政酒造の8代目蔵元・佐藤祐輔さんも所属している秋田県の蔵元集団「NEXT FIVE」(ネクストファイブ)。

「新政」「山本」「ゆきの美人」「春霞」「一白水成」を醸すの5つの蔵から成ります。

その指導者(リーダー)がゆきの美人の小林忠彦さんです。

5つの蔵の共通点は皆「酒蔵の跡を継ぐために秋田へ帰って来た後継者」という点です。

いち早く秋田へ戻り既に美味しいお酒を醸していたゆきの美人の小林さんは、後から戻って来た若手蔵元に頼られる存在でした。

2002年に戻って来た「山本」さんは電話で質問を浴びせ、2007年に戻って来た「新政」の佐藤祐輔社長も酒造りの分からないことがあればしばしば通ったそうです。

その後、「一白水成」「春霞」と加わり2010年に「NEXT5」が結成されました。

ここに書いたお話は、NEXT5について書かれた著書「美酒復権 [ 一志治夫 ]」を参考にさせていただきました。

ファンなら読むと\そうだったのか~!/と楽しめること間違いなし!

ぜひお手にとってみてくださいね。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/04/24 14:10時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場を見てみる
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングを見る

ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母とは?

ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母とは?

実はわたくし、ゆきの美人の日本酒をまだあまり飲んだことがありません。

この記事の後に書く予定の「ゆきの美人 技巧001 一穂積」というお酒を合わせ、自分で購入して飲んだのは4本となります。

こちらのお酒は「2022年8月」に製造されたもので「6号酵母!」ということで手に取った記憶があります。

6号酵母と言えば新政酒造さんですよね。

普段、ゆきの美人では蔵内培養の「14号系酵母」(金沢酵母)を使用していますが、お酒によっては「6号酵母」も使用し醸されています。

新政酒造さんとの関係性がなんだか伝わってきますよね。

そして今回のお酒の酒米は「雄町」(おまち)となっています。

調べてみると雄町の他にも、

などの酒米を使用したお酒があるようです。

ゆきの美人 雄町「6号酵母」を飲んでみての感想は?

ゆきの美人 雄町「6号酵母」を飲んでみての感想は?

こちらのお酒を購入したのは昨年で、飲んだのは2022年12月でした。

「飲んだけど記事にしていない日本酒」

がたんまりとあるわたしです。

ゆきの美人さんの醸す6号酵母の味わいとは?

早速、見てゆきたいと思います。

香ってみると…

大人しさがあります。

ですが、果実のジューシーな酸味と甘さが香ります。

柑橘系な香りで、苦味?渋み?もしっかりと香ります。

ひと口飲んでみると…

酸&苦!

なめらかで少しトロッと感のあるテクスチャー。

お米の甘さが鼻に広がり、酸味がキュン!と強めな印象です。

甘さは本当、お米の甘さという感じです。

ジューシーさのある酸が印象的なお酒ですね。

舌には苦味がしっかりと触れじんわりと広がる感じがあります。

これは苦味というより渋味なのかしら?

料理と一緒に…

今日は冷蔵庫にあったものと合わせます。

ハムエッグは、醤油に合うのかお酒の酸味がとても美味しくきゅーんと広がりしっとりとした甘みが良い感じです。

サラダはマヨネーズに合うのか、とても美味しくいただけます。

少し苦味がUPしますが良いです。

冷奴は、酸味がありつつ甘みがふんわりと広がります。

写真には写っていませんが、セブンイレブンのささみ揚げを食べてから飲んでみるとジューシーさが増して美味しいです。

基本は酸味ジュワっとなお酒ですね。

そして食べて飲んでいて「これは料理に合うお酒だなぁ」と感じました。

そんなこんなで1本飲み切ってしまいました。

おいしかったです!

ごちそうさまでした。

ゆきの美人 雄町「6号酵母」が合わない人は?

ゆきの美人 雄町「6号酵母」が合わない人は?

わたしは飲んでみて「他の酒米の6号酵母も飲んでみたい!」と思った日本酒ですが合わない人もいるかと思います。

それは、

です。

当たり前のことですが、酵母が同じでも味わいは異なるためご注意ください。

ですが、

にはとてもおすすめな日本酒になります。

もちろん\ゆきの美人を飲んでみたい/という人にもおすすめです。

取扱販売店さんによって在庫の有無は異なりますが、ぜひチェックをしてみてください。

ゆきの美人の購入方法は?

ゆきの美人の購入方法は?

ゆきの美人の日本酒は「特約店さん」での購入が必要となります。

ですが公式サイトの用意がないため、特約店一覧といったもので確認することが出来ません。

そのためGoogleやYahoo!などで

ゆきの美人 特約店
ゆきの美人 買える店

といったキーワード検索をするとヒットさせることができます。

インターネット販売を行っている特約店さんを下記のページに記載していますので参考にしてみてください。

\ゆきの美人を買えるお店【まとめ】/

{$title}
【秋田県を応援したい!】秋田豪雨災害で被災した「ゆきの美人」の日本酒を買えるお店【まとめ】

その中で、7月21日現在も「雄町 6号酵母」の在庫がある酒販店さんは下記になります。

気になったあなたはぜひチェックをしてみてください。

ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母のデータ

ゆきの美人 純米吟醸 雄町 6号酵母のデータ

品目    :日本酒(純米吟醸酒)
内容量   :720ml
アルコール分:15度
原材料名  :米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合  :55%
仕込み水  :太平山麓の湧き水
原料米名  :岡山県産 雄町100%使用
使用酵母  :6号酵母
日本酒度  :+3
製造者   :秋田醸造株式会社/秋田県秋田市楢山登町5-2
価格    :1,870円(税込)
公式サイト :なし
Twitter   :https://twitter.com/yukino_bijin

7月の秋田県豪雨で被災をされた秋田醸造さん。

通常通りの酒造りが出来るまでには時間が掛かりそうなため、いまは飲んで応援をしたいと思います。

また、酒造りを再開された際にはしっかりと購入したいです!

\関連記事/

{$title}
【NEXT5 Colors 2022】予約・抽選・購入方法とは?【まとめ】

{$title}
【本日の1本】NEXT5 Colors 2022 Yukinobijin(ゆきの美人)ホワイトボトルの日本酒その味わいは?



この記事が役に立ったらシェアをお願いします
この記事を書いた人
ねこと日本酒 なかのひと
日本酒メディアを任されたお酒と猫が好きなひと。コンセプトは「日本酒の新しい楽しみ方を発見するサイト」。伝えるには知識不足を感じ唎酒師の資格を取得しました(* ´ω` *)まだまだ勉強中ですが、日本酒を飲んで笑顔になったり「日本酒飲みたい~」と思ってもらえるようなサイトを目指しています!日本酒はおいしいヨ♪
記事一覧

新着記事


           

           もっとみる