ねこと日本酒

本日の1本

【本日の1本】Beau Michelle(ボーミッシェル)ワインみたいなラベルの夏酒その味わいは?

【本日の1本】Beau Michelle(ボーミッシェル)
日本酒には出会いがある。

いつも飲んでいる日本酒。運よく買えたスペシャルな日本酒。たまたま買ってみたら好みだった日本酒…。

ここでは、唎酒師のわたしが出会った「本日の1本」を紹介します。

本日の1本は、長野県佐久市にある「伴野酒造株式会社」さんの醸す「Beau Michelle Snow fantasy in Summer」(ボーミッシェル スノーファンタジー インサマー)です。

Beau Michelle(ボー・ミッシェル)とは?

Beau Michelle(ボー・ミッシェル)とは?

伴野酒造(とものしゅぞう)さんの醸す日本酒には、「澤の花・澤乃花」(さわのはな)そして「Beau Michelle」(ボー・ミッシェル)があります。

創業は1901年(明治34年)、現在は6代目となる若き蔵元杜氏「伴野貴之」(とものたかゆき)さんを中心として酒造りを行っています。

信州、佐久の「地酒」としての想いが強く

といった「ここでしか醸せない日本酒を醸したい」という想いから長野県の地元産の原料にこだわったお酒造りをされています。

メインとなる「澤の花」はお酒の王道を追い求めた、毎日の食事と共にある「食中酒」として楽しめるお酒。

Beau Michelleは、女性や日本酒初心者でもカジュアルに楽しめるお酒でビートルズの「The Beatlesナンバーを聴かせて醸した」ということで有名です。

どんなお酒なの?

どんなお酒?

音楽の譜面と「M」の文字が印象的なラベルは、一見「白ワイン」のようで初めて見た人が「これは日本酒」と正解できる確率は少ないのではないでしょうか?

わたしも初めてラベルを見た時は「白ワインかな?」と思っていました。

Beau Michelleの「Beau(ボー)」には、フランス語で「綺麗な・美しい」といった意味があります。

Michelle(ミッシェル)はビートルズの曲名で、発酵中のもろみに音楽を聴かせることにより「よりまろやかな味わい」にさせるというこだわりのあるお酒です。

と大きな話題が2回あったお酒で、アルコール分9度と「甘酸っぱい低アルコールの日本酒」を開拓し現在も人気の銘柄となっています。

Beau Michelle Snow fantasy in Summer(ボーミッシェル スノーファンタジー インサマー)とは?

Beau Michelle Snow fantasy in Summer(ボーミッシェル スノーファンタジー インサマー)とは?

今回いただいたのは、ボーミッシェルの中でも「夏酒」として夏季限定で発売されるお酒です。

6月に購入をしました。

ボーミッシェルには現在5種類あります。

通常のBeau Michelleは火入れされているため、入荷があれば定番商品として通年購入することが可能です。

Snow fantasy(スノーファンタジー)は、うすにごりの生原酒で微発砲タイプ。

cotton candy(コットンキャンディ)は、スノーファンタジーよりも発泡性が強く、シュワシュワ、プチプチ感が増したスパークリングタイプのにごり酒になります。

ボーミッシェルは、甘酸っぱい低アルコールな日本酒のため「食前酒」としてもピッタリのお酒です。

ボーミッシェル スノーファンタジー インサマーを飲んでみての感想は?

ボーミッシェル スノーファンタジー インサマーを飲んでみての感想は?

「すっごいオシャレ!でも売ってるの見たことない…」

Beau MichelleをSNSで初めて見た時、日本酒だと思いませんでした。

見たことの無いラベルのお酒でしたが、今年は飲んだことの無い夏酒を積極的に購入してたため、ついに出逢うことができました。

こちらの記事を書いているのは9月なので現在は秋の「秋上がり・ひやおろし」が発売されている時期ですが夏酒のように積極的になれていません。

やはり夏酒は「ラベルが可愛い」「ラベルがおしゃれ」といったお酒が多いため手が伸びやすいのでしょうか?

あとは個人的に「水色とか青色が好き」というのもあるかもしれません。

そんなこんなで、飲む前から良い評判を聞いて(見て)いたBeau Michelleインサマー!

果たしてどんな味わいなのか?

まずはにごりを混ぜずにそのまま!

早速、開栓していきたいと思います。

香ってみると…

香ってみると

いい香り!

柑橘…みかんやオレンジの香りがります。

好きな香りです。

ひと口含むと…

ジュワジュワとガス感が口の中を刺激していきます。

やさしい酸味でさっぱり感。

甘さもジューシーで美味しいです。

爽やかさが強く、夏にピッタリ。

柑橘感が強い味わいで、とっても美味しいです。

酸味はレモンというよりも、グレープフルーツやオレンジの甘さがあり苦味はありません。

冷たいのが心地よくて「これだけで愉しめるお酒」です。

映画とか見ながら飲みたいですね~。

甘酸が「キュン」として、ガス感がほどよくてグイグイ飲めちゃいます。

花陽浴 酒粕クリームチーズと一緒に

花陽浴 酒粕クリームチーズと一緒に

みなさまご存じでしょうか。

大人気銘柄「花陽浴」(はなあび)の酒粕を使用し、純米大吟醸酒に漬込熟成させた「酒粕クリームチーズ」があることを…!

埼玉県にある酒販店「キングショップ誠屋」さんとのコラボ商品ということを…!

以前カルディで購入した酒粕クリームチーズがめちゃくちゃ美味しかったので、花陽浴 酒粕クリームチーズも通販で購入してみました。

オリジナルの商品なので誠屋さんでしか購入ができません。

ちなみに、オンラインショップが無いため「メールにて注文」をしました。

気になったあなたは、お酒と一緒にぜひ~。

酒専門店キングショップ誠屋
https://www.k-makotoya.net/

それでは、Beau Michelleと一緒にいただいてみましょう。

クリームチーズを食べてからボーミッシェルを飲むと甘さがさっぱりします。

うん、クリームチーズの酸味と合います。

おいしい。

食べて…飲んで…と、めちゃくちゃ合うので飽きません。

甘&さわやかがいい感じです。

にごりを混ぜてみると…

にごりを混ぜてみると…

ボトルの底には滓(おり)が溜まっているので、ここで混ぜてみたいと思います。

飲んでみると、シルキーさがありさっぱり感がUPしました。

からの、甘みジューシー。

梨感もあります。

うーん。混ぜたほうが好きです。

甘みがUPして感じます。

この甘さが美味しくてグイグイ飲んじゃいます。

日本酒感などひとつも無し!

甘さがしっかりしていておいしい。

花陽浴 酒粕クリームチーズと一緒だと、酸味がいい感じにさっぱりしてずっと一緒に味わえます。

果実感のある甘みがとっても美味しいお酒です。

500mlなんて…一瞬…

あっという間に飲み切ってしまいました。

おいしかった!

ごちそうさまでした♪

澤の花 ボーミッシェルが合わない人は?

澤の花 ボーミッシェルが合わない人は?

わたしは初めて飲みましたが「また買いたい。他の種類も全部飲んでみたい!」と思った夏酒でしたが合わない人も居るかと思います。

それは

です。

ですが「低アルコール(9%)」「おしゃれ」「飲みやすい」と日本酒に苦手意識を持っている人にもお勧めしやすいのがこちらのBeau Michelleです。

日本酒感が無くて、カジュアルに楽しめるタイプのお酒なのでさまざまなシーンでも愉しめるお酒かと思います。

「日本酒…飲むか…」と重い腰を上げるのではなく、「ボーミッシェルあった!飲ものも~♪」とウキウキするお酒だと思います。

1点残念なことは「500ml」ということ…!

もっと飲みたい!

通常のBeau Michelleであれば、1500mlバージョンもありますので気に入ったあなたは大きいサイズも試してみてくださいね。

Beau Michelle(ボー・ミッシェル)のお酒を買うには?

Beau Michelle(ボー・ミッシェル)のお酒を買うには?

伴野酒造さんの醸す日本酒「Beau Michelle」は、蔵での直接販売を行っていないため特約店さんでの購入が必要です。

取り扱い販売店さんの案内は、公式サイトにありませんでした。

そのため、伴野酒蔵さんへ直接お問い合わせをするか、ネット通販を行っている特約店さんを探す必要があります。

GoogleやYahoo!などで

といったキーワードで検索するとヒットさせることができます。

わたしも近くに特約店さんが無いため、ネット通販にて購入をしました。

例えば下記のお店で取り扱いがあります。

9月14日現在、Beau Michelle インサマー(夏酒)の在庫もありましたので注文可能です。

「飲んでみたい!」

と思ったあなたは参考にしてみてください。

澤の花「Beau Michelle Snow fantasy in Summer」のデータ

澤の花「Beau Michelle Snow fantasy in Summer」のデータ

仕様    :うすにごり生原酒
原材料名  :米(国産)米麴(国産米)
原料米   :国産米
精米歩合  :60%
アルコール分:9度
内容量   :500ml
価格    :1,430円(税込み)

まるでワインみたい!

な、見た目の日本酒ボーミッシェルはアルコール分9度と、とても飲みやすく甘酸っぱさが特徴の低アルコール日本酒です。

日本酒があまり得意では無い人や女性にも喜ばれる味わいですので、気になったあなたはぜひチェックしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします
この記事を書いた人
ねこと日本酒 なかのひと
日本酒メディアを任されたお酒と猫が好きなひと。コンセプトは「日本酒の新しい楽しみ方を発見するサイト」。伝えるには知識不足を感じ唎酒師の資格を取得しました(* ´ω` *)まだまだ勉強中ですが、日本酒を飲んで笑顔になったり「日本酒飲みたい~」と思ってもらえるようなサイトを目指しています!日本酒はおいしいヨ♪
記事一覧

新着記事

もっとみる