ねこと日本酒

本日の1本

【本日の1本】セトイチ Fly me to the moon「愛山」で醸した限定醸造酒その味わいは?

【本日の1本】セトイチ Fly me to the moon「愛山」で醸した限定醸造酒その味わいは?

日本酒には出会いがある。

いつも飲んでいる日本酒。運よく買えたスペシャルな日本酒。たまたま買ってみたら好みだった日本酒…。

ここでは、唎酒師のわたしが出会った「本日の1本」を紹介します。

本日の1本は、神奈川県足柄上郡開成町にある「瀬戸酒造店」さんの醸す「セトイチ Fly me to the moon」(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)です。

瀬戸酒造店さんの「セトイチ」とは?

瀬戸酒造店さんの「セトイチ」とは?

2022年2月4日に発売された「dancyu3月号」の日本酒特集でも紹介のあった瀬戸酒造店さん。

瀬戸酒造店さんの醸すブランドの1つ「セトイチ」シリーズには全部で8種類の味わいの異なる日本酒があります。

このように、使用する酒米と使用する酵母を変え、瀬戸酒造店さんの持つ醸造技術を駆使して醸されたシリーズがセトイチです。

それぞれの酒質に合わせたイメージの名前が付けられているのが特徴的で「誰と、いつ、どんな肴で飲みたい酒か」をイメージして醸されています。

なんだか小説の世界へ入り込んだような、どんなお酒か想像しながら楽しめるような、お洒落なネーミングですよね。

ですが、セトイチの日本酒を初めて飲む際、名前だけでは「一体どのお酒を選んでいいのか?」判断が付きにくいという点があり選ぶときに少し困りますよね。

セトイチ「8種類」の味わいを簡単に説明すると?

セトイチ「8種類」の味わいを簡単に説明すると?

日本酒が好きだ!という人でも、酒米と酵母だけで「味わい」を想像するのはなかなか難しいですよね。

それぞれどんな味わいのお酒なのか簡単に書くと

セトイチ「いざ」

穏やかな華やぎと綺麗さのあるお酒、食前・食中・食後と飲み飽きない

セトイチ「はるばる」

軽快で味わい深い王道のお酒、白身魚などの和食と合わせたい

セトイチ「手の鳴る方へ」

生酛ならではの力強さ&後口の潔さ、関東風の醤油で煮付けた金目鯛などと合わせたい

セトイチ「ぴいひゃら」

若々しい張りと跳ねるような軽快さ、馬刺、鹿刺、生ハムなどシンプルな肉料理と合わせたい

セトイチ「月が綺麗ですね」

穏やかなふくらみ・静かで品の良いお酒、鯛や平目の刺身や小田原の高級かまぼこなどに合う

セトイチ「かくかくしかじか」

楽しく飲める明るいお酒で、仲間と語らいながら時を経つのも忘れて飲み明かしたいお酒

セトイチ「風が吹いたら」

通常より1~2割ほど少ない水で醸した濃厚なお酒、日本の水で少し薄めてもOK、マグロなど味の濃い刺身に

セトイチ「音も無く」

爽快な含香とスムーズな口当り。冷えた冬の日、温かい料理と一緒に、人肌に温めても美味しい

といった特徴があります。

こうやって見てみると、自分が飲みたい日本酒を選べそうですね。

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)とは?

セトイチ「8種類」の味わいを簡単に説明すると?

今回いただいたお酒は「月が綺麗ですね」シリーズのAnother Edition(アナザーエディション)として醸された「Fly me to the moon」(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)です。

Fly me to the moonは日本語で「わたしを月に連れて行って」という意味があり「月が綺麗ですね」と対となりとてもロマンティックな名前だと思います。

月が綺麗ですねは、きょうかい10号と山田錦で醸されたお酒ですがFly me to the moonは、きょうかい10号と愛山にて醸されました。

愛山は栽培が難しく生産量の少ない希少な酒米で「愛山ニア」と呼ばれるファンがいるほど、人気の酒造好適米です。

ラベルの裏には

雲ひとつない十五夜のように、まるく澄んだお酒

とあり、月が綺麗ですねに比べると「シュッ」とした印象に仕上がっているとのことです。

2020年10月より新発売となった限定醸造のお酒で、発売当初は「限られた旅館」と特約店「株式会社かのや今井本店」のみの販売となっていました。

現在は、取り扱える特約店さんも増え、酒造直売店や瀬戸酒造オンラインショップでも購入することが可能です。

セトイチ Fly me to the moonを飲んでみての感想は?

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)とは?

実はわたくし通常の「月が綺麗ですね」をまだ飲んだことがありません。

セトイチは種類が多く、どのお酒を選んでいいのか・どのお酒が好みなのかよく理解していなかったためあまり手が伸びずにいました。

ですが今回記事としてまとめてみて、その特徴を理解することができたので次回からは困らずに手に取れそうです。

「Fly me to the moon」はわたしも好きな酒米「愛山」を使っているということでぜひ飲んでみたい!と思い手に取りました。

愛山の日本酒はどの酒蔵さんのお酒を飲んでも「あ、このお米のお酒すきだな」「もっといろいろ飲んでみたいな」と思える酒米なので飲むきっかけにもなります。

実際の味わいはどうだったのでしょうか?

早速、開栓してゆきたいと思います。

香ってみると…

香り柔らか。

甘い香りで酸味もあります。

ひと口含むと…

やさしい酸味と甘さ。

おいし~~からのキレ感。

まるく包むような甘さで、この甘みはとても好きです。

ですが後口が少し辛いかな?

サンマと一緒に…

セトイチ×秋刀魚

こちらの日本酒をいただいたのは9月23日と「秋」真っ盛り!

焼きサンマのお供には、大根おろし猫ちゃんを添えていただきたいと思います。

秋刀魚を食べてから飲んでみると、お酒の甘さが邪魔にならずに美味しいです。

大根おろしを付けるとお酒の甘さが増しました。

焼きナス(しょうが醤油)は、甘さふんわりと酸味&キレ感は穏やかです。

Fly me to the moonは、口に含んだ時の甘さが印象的なお酒です。

マヨサラダは、一番甘さが穏やか…というか、柔らかになりました。

料理と一緒だと、単体で飲んだ時のキレや辛さは全く感じません。

飲んでいると「甘やか」という言葉が出てきました。

うん。このお酒は「甘やか」なお酒です。

今まで飲んできた愛山の日本酒は濃い印象がありましたが、さほど濃くなく甘みがおいしいお酒です。

【開栓2日目】セトイチFly me to the moonの味わいは?

【開栓2日目】セトイチFly me to the moonの味わいは?

1日で飲み切らずに、冷蔵庫にて保管をしていました。

味わいの変化はあったのでしょうか?

香ってみると、ウリ系の香りがします。

甘さ無し…からのふんわり甘い。

昨日とは異なり、とてもスーッとさっぱりした印象の香りです。

軽いか・重いか問われたら「軽い」。

ひと口飲んでみると…

飲み口やわらか!

甘さはひっそりと、酸味も少々。

静かな甘さで、今日は静かな印象です。

昨日より甘さに主張がなくて美味しいです。

全体的に味わいが落ち着いたイメージで、やわらかな甘さがとても美味しいです。

メロン?

昨日より今日の方がすごくおいしい。

穏やかな甘さがふんわりと、昨日感じたキレや辛さは全く無くなりました。

【開栓5日目】セトイチFly me to the moonの味わいは?

【開栓5日目】セトイチFly me to the moonの味わいは?

今回は3回に分けて飲んでみました。

引き続き、冷蔵庫にて保管をしていましたが味わいの変化はあったのでしょうか?

早速香ってみると、熟したメロンのような香りがします。

まったりと、酸味も香ります。

飲んでみると、甘みもありますがキレ感がUPしています。

料理と一緒に…

マヨサラダは、甘みが引き出され下にジュワっと濃いめの甘み。

後口はキレさっぱり感があります。

味玉と一緒だと、甘さに軽さと酸味が引き出されるので美味しくいただけます。

このお酒は料理に合います。

食中酒として、とてもおいしかったです!

ごちそうさまでした♪

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)が合わない人は?

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)が合わない人は?

わたしは飲んでみて「他のセトイチも飲んでみたい!」と思った日本酒ですが合わない人もいるかと思います。

それは

です。

ですが「食中酒として料理と一緒に楽しめる」日本酒だと思いますので、気になったあなたにぜひお試しいただきたい1本です。

また、初日と2日目の味わいが異なり2日目の方が馴染んだ印象だったため、1日で飲み切らずに熟成させるのも楽しいかもしれません。

なお「愛山」を使用したこちらのFly me to the moonは限られた特約店さんのみの取り扱いとなりますので、見掛けた際は「買い」の1本となります。

「セトイチ 月が綺麗ですねと」一緒に飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。

セトイチシリーズのお酒を買うには?

セトイチシリーズのお酒を買うには?

瀬戸酒造店さんの日本酒は、全国にある特約店さん・酒蔵・公式オンラインショップにて購入することができます。

特約店さんは下記の公式サイトに記載されていました。

そして、蔵には直売所がありますのでそちらで購入することも可能です。

また、公式オンラインショップでの購入も可能ですので「近くに特約店さんが無い!」と言った場合に便利です。

こちらのオンラインストアでは今回紹介した「セトイチ Fly me to the moon」も購入することができます。

次回の発売は「2022年夏予定」となっていますので「再入荷通知」など設定をしておくと逃さずに購入することができます。

また、雑誌「dancyu3月号」にて紹介されたセトイチ3本のセット「dancyuリボーン蔵」という商品も2022年2月28日まで販売中です。

内容は

が税込み6,265円となっています。

気になったあなたはぜひチェックしてみてください。

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)のデータ

セトイチ Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)のデータ

品目    :日本酒/生貯蔵酒
酵母    :協会10号
原材料名  :米(国産)米麴(国産米)
使用米   :愛山100%
精米歩合  :麹米55%・掛米55%
アルコール分:16度
内容量   :720ml
価格    :2,750円(税込み)
製造者   :株式会社 瀬戸酒造店
所在地   :神奈川県足柄上郡開成町金井島17番
公式サイト :https://setosyuzo.ashigarigo.com/
Twitter   :https://twitter.com/SETO_SHUZO_1865
Instagram  :https://www.instagram.com/setoshuzo1865/

2018年に神奈川県・開成町にて日本酒の醸造を再開した瀬戸酒造店さん。

300mlの小さな瓶での販売も行っているので「ちょい飲み」や「味比べ」したい時にも最適です。

\関連記事/

{$title}
【飲み比べ】あしがり郷「月の歌」「零号∞(ムゲン)」あじさい花酵母で醸された日本酒その味わいは?

この記事が役に立ったらシェアをお願いします
この記事を書いた人
ねこと日本酒 なかのひと
日本酒メディアを任されたお酒と猫が好きなひと。コンセプトは「日本酒の新しい楽しみ方を発見するサイト」。伝えるには知識不足を感じ唎酒師の資格を取得しました(* ´ω` *)まだまだ勉強中ですが、日本酒を飲んで笑顔になったり「日本酒飲みたい~」と思ってもらえるようなサイトを目指しています!日本酒はおいしいヨ♪
記事一覧

新着記事

もっとみる