ねこと日本酒

本日の1本

【本日の1本】冩楽(写楽・しゃらく)純米吟醸 一回火入れ人気銘柄の日本酒の味わいは?

冩楽(しゃらく)純米吟醸

日本酒には出会いがある。

いつも飲んでいる日本酒。運よく買えたスペシャルな日本酒。たまたま買ってみたら好みだった日本酒…。

ここでは、唎酒師のわたしが出会った「本日の1本」を紹介します。

本日の1本は、福島県会津若松市にある「宮泉銘醸 株式会社」(みやいずみめいじょう)さんの醸す、「冩楽 純米吟醸 一回火入 」です。

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入とは?

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入とは?

冩楽(しゃらく)と言えば、福島県の地酒として飛露喜(ひろき)と並び、現在は飛露喜を追い越す勢いで人気の高い銘柄の日本酒です。

ブランド名である「冩楽」(しゃらく)の漢字はPCやスマホの変換では中々表示できないため異体字である「写楽」が使用されることがあります。

冩楽は、宮泉銘醸(みやいずみめいじょう)さんが醸されていますが

の2つの銘柄があり、もともとは「會津 宮泉」の日本酒を醸していました。

「冩楽」は、実家の酒蔵に戻ってきた4代目蔵元の宮森義弘さんが、赤字の蔵の経営を立て直すべく醸された新しいブランドの日本酒です。

「冩楽」の名前は、同じ会津若松市にあった東山酒造さんが平成19年に廃業する際に引き継ぐこととなり義弘さんの目指す「冩楽」を醸すきっかけとなった…という経緯があります。

ラベルの裏に

米を食し、酒を愛し、人を愛す。
みなさまに愛される酒を目指します。 宮森義弘

と記載されていますが、日本酒に対する情熱やお人柄が見えてきますよね。

その情熱が今の「置いてあるだけでも買ってもらえる」冩楽という人気銘柄のお酒を造りあげています。

そして冩楽には「通年商品」と季節ごとに発売される「季節商品」の2種類があります。

人気の季節商品は入手困難なものもあり「見掛けたらとにかく買い!」と、買ってみて損のない味わいの日本酒となっています。

冩楽の通年商品とは?

冩楽の通年商品とは?

こちらは通年なので、季節に関係なく入荷があれば購入出来るタイプのお酒です。

「純愛シリーズ」と言われ2種類あり

どちらも「1回火入」を行っており、わたしが今回購入したのがこの「冩楽 純米吟醸」です。

実は購入するまでは「冩楽が一体どんな日本酒なのか?」というのは一切知りませんでした。

まだまだ知らない銘柄のお酒や酒蔵さんがたくさんあります。

よくSNSなどで見掛ける銘柄だったため、東京の酒屋さんに入った際、置いてあるのをみて思い切って買ってみたのがきっかけとなります。

冩楽の季節商品とは?

冩楽の季節商品とは?

3月以外、毎月発売されます。

季節に合わせた味わいのお酒なので、毎月買ってしまいたくなる日本酒です。

夏酒である「夏吟うすにごり」は買い逃してしまいましたが、「播州愛山」「酒未来」「なごしざけ 羽州誉」はとても気になります。

愛山も貴重な酒米ですが、酒未来(さけみらい)や羽州誉(うしゅうほまれ)は山形県の希少系品種の酒米とのことで、わたしはまだ飲んだことの無い酒米です。

あとは、12月~4月までしか飲めない「生酒」は一度は味わっておきたいです。

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入を飲んでみての感想は?

今回入った酒屋さんには「純米(1回火入)」と「純米吟醸(1回火入)」の2種類が置いてありました。

「冩楽はじめてなのですが、どちらが良いですか?」

と店員さんに聞いたところ、正確には覚えていませんが「どちらもフルーティーで甘くどちらを選んでも美味しいですよ」…といった回答でした。

つまり、どっちを選んだら良いのか迷ってしまった。という感じです。

他にも買いたい日本酒があったため、2本は買えません。

同じようであれば折角だし「純米吟醸」を飲んでおこう!と今回は「純米吟醸(1回火入)」を選ぶこととなりました。

どんな日本酒なのか?ワクワクしながら早速開栓していきましょう。

香りは…

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入を飲んでみての感想

メロン。

うり系の香りです。

結構、華やかにメロンが香ります。

メロン果汁のような香りで、果物のメロンにスプーンを入れた時の「ジュワ~」っとするあの感じ。

「香り高い吟醸香」

という言葉がぴったりの香り。

うーん、これはメロンです。

ひと口含むと…

口の中に甘さと香りが広がります。

でもキレがあり、さっぱり感があります。

そして、ジンワリと舌の中心に甘さが残ります。

香り、すきです。

わたしの好きな日本酒「甲子(きのえね)春酒香んばし」の吟醸香を彷彿させます。

後口にはアルコール感というか「日本酒飲んでます」感が残ります。

オクラとみょうがの豚バラ巻きと一緒に

冩楽は食中酒として料理に合うように醸されているということで、今日の晩御飯と一緒にいただきます♪

豚バラ巻きと一緒だと、甘さが増すというよりも旨みが濃厚に感じます。

おいしい。

サラダのマヨネーズと一緒だと、甘さがさわやかになってこれも美味しいです。さっぱり。

おくら巻きより、みょうが巻きのほうが合う!

食べている時の香りもよし!

とってもおいしかったですが、料理によってお酒の味わいが変わる印象もありました。

【開栓2日目】冩楽(しゃらく)純米吟醸 1回火入の味わいは?

開栓するまでは、マイナス5℃で保管できるSAKE CABINET(日本酒セラー)で冷やしていました。

開栓後は、冷蔵庫の野菜室で0℃保管をしていました。

1回火入れのお酒ですが、味の変化を愉しみたいと思います。

早速グラスに注いで飲んでみると

甘さが増しました!

とってもジューシーで甘~い。

メロン感。そしてキレが昨日より強い!

豚バラなすと一緒に

味ぽんで味付けをした豚バラナスと一緒にいただきます。

うん、なすと豚バラに合う!

単体だと甘さが強かったのが、丁度良い甘さになりました。

それでも甘い果実感、あります。

サラダのマヨネーズと一緒に

豆知識ですが、わが家ではサラダを食べる時にマヨ率が高くなります。それは「調味料の中で1番低糖質だから」です。

ダイエットなど、糖質量を抑えたい!という人は「マヨネーズ」がおすすめです。

「日本酒飲んでるのに糖質気にしてるの?」と思われるかもしれませんが、食べている時の罪悪感がなくなります。

太る原因には「罪悪感」も関係あるため、どうせ食べるなら美味しくニコニコしながら食べちゃいましょう♪

マヨと一緒だと、豚バラなすよりもマヨネーズのほうが合いました!

甘さがさっぱりして美味しいです。

マヨの酸味って日本酒に合うんですよね。

そして後口にキレ感のあるお酒なので、豚バラの油っぽさを流してくれて食べやすいです。

でもやはり、甘さは濃い。

メロンみが強いです。

料理の邪魔はしませんが、甘さと香りの印象が強いため、思ったよりも料理中に盃は進みませんでした。

ですが、悪くはなく味わいたくなる日本酒だなぁ。

というのが2日間かけて飲んでみた感想です。

初めての冩楽、美味しかったです!

ごちそうさまでした♪

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入が合わない人は?

冩楽(しゃらく)純米吟醸 一回火入が合わない人は?

わたしは、飲んでみて「他の冩楽も飲んでみたい!」と興味津々の日本酒でしたが合わない人も居るかと思います。

それは、

です。

香りはかなり華やかです。

ですが、

「冩楽(しゃらく)という人々に愛される日本酒を飲んでみたい!」

という人にはお勧めです。

冩楽のお酒は「誰にでも愛されるお酒」を目指して日々、挑戦や酒質向上を全力で行い醸されている日本酒です。

確かに、自分で実際に味わってみて「好きなタイプの日本酒」でした。

今回は「1回火入」でしたが、「生酒」や「酒米違い」の日本酒があると知ったらとても気になります。

好みのお酒を見つけるとテンションがあがりますよね。

まだ飲んだことのないあなたも、実際に味わってみませんか?

冩楽(しゃらく)シリーズのお酒を買うには?

宮泉銘醸さんでは、蔵での直接販売を行っていないため全国の「特約販売店」さんにて購入する必要があります。

そのため、直接酒蔵さんへ電話をすることにより正規取扱店さんを案内してもらえます。

また、いつもは「ネット通販を行っている特約店さんで購入ができます。」

といった案内をしていましたが、冩楽(しゃらく)に関してはインターネットでの購入ができないことがほとんどです。

これは、蔵元さんからのネット販売をしないで欲しいという意向があるためです。

「冩楽 特約店」

などGoogle・Yahoo!で検索すると、正規取扱店さんがヒットしますが「店頭販売のみ」ということがほとんどです。

「正規取扱店さんへ来店し、購入する」

という方法が現在、冩楽(しゃらく)を手に入れる方法となります。

わたしが購入した酒販店さんは…

ちなみに、わたしが冩楽を購入したのは東京にある「はせがわ酒店 亀戸店」です。

近所には正規取扱店さんが無いため、もしかしたら出逢うことの無かった日本酒の1本だったかもしれません。

今回、冩楽に出会えたのは新政酒造さんのNo.6紫舟タイプの抽選券をGETするために、はせがわ酒店さんを利用したのがきっかけでした。

はせがわ酒店 亀戸店へ行ったのは初めてでしたが、美味しそうな銘柄の日本酒がいっぱい置いてありました。

ですが、遠いのでなかなか行くことができません。

冩楽(しゃらく)を気軽に買える環境にいないため、次はいつ買えるのか?また出逢えることがあったら購入したいと思います。

冩楽(しゃらく)純米吟醸 1回火入のデータ

冩楽(しゃらく)純米吟醸 1回火入のデータ

特定名称  :純米吟醸
原材料名  :米(国産)米麴(国産米)
原料米   :記載なし
精米歩合  :50%
アルコール分:16度
内容量   :720ml
価格    :1,870円(税込み)
製造者   :宮泉銘醸 株式会社
所在地   :福島県会津若松市東栄町 八番七号
公式サイト :http://www.miyaizumi.co.jp/

現在、インターネットで購入できない銘柄のお酒となりますが、お近くの正規取扱店さんは電話での問い合わせにて教えてもらうことが可能です。

「飲んでみたい!」

と思ったあなたは、まずはお問い合わせからしてみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします
この記事を書いた人
ねこと日本酒 なかのひと
日本酒メディアを任されたお酒と猫が好きなひと。コンセプトは「日本酒の新しい楽しみ方を発見するサイト」。伝えるには知識不足を感じ唎酒師の資格を取得しました(* ´ω` *)まだまだ勉強中ですが、日本酒を飲んで笑顔になったり「日本酒飲みたい~」と思ってもらえるようなサイトを目指しています!日本酒はおいしいヨ♪
記事一覧

新着記事

もっとみる