ねこと日本酒

本日の1本

【本日の1本】五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46「白麹」を使用した日本酒その味わいは?

【本日の1本】五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46
日本酒には出会いがある。

いつも飲んでいる日本酒。運よく買えたスペシャルな日本酒。たまたま買ってみたら好みだった日本酒…。

ここでは、唎酒師のわたしが出会った「本日の1本」を紹介します。

本日の1本は、山口県岩国市にある「酒井酒造株式会社」さんの醸す、「五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46」(ライドホワイト)です。

五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46とは?

五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46とは?

当サイト2本目となる五橋の「ride?(ライド)」シリーズの日本酒。

通称ライドホワイトは

白麹の「クエン酸」&酵母の「リンゴ酸」を掛け合わせ「酸味の味わいに特化した」お酒となっています。

ラベルの名前にある

の46は、白麹にかけているのと「精米歩合46%」という意味があります。

実はこちらの日本酒は

\超限定酒/

です。

それも、令和元年に酒井酒造さんで行われた「呑みの市」に参加した酒販店さんしか取り扱うことのできない日本酒となっているためです。

もし見掛ける機会があった際は「ここの酒販店さん、やりますな!」とニヤニヤしても良いかと思います(笑)

ちなみに、白麹と書かずに白糀としているのは国字では「糀」と書くためです。

白麹を使った日本酒とは?

白麹を使った日本酒とは?

通常、日本酒を醸す際は「黄麹」というアスペルギルス・オリゼと呼ばれる麹菌を使用して醸します。

アルコール発酵を行うためには「糖類」が必要となりますが、日本酒の原材料となる「お米」には糖類が含まれていません。

そこで、蒸したお米に麹菌(種麹)を振りかけることによって米のデンプンを糖に変えることができアルコール発酵が可能になります。

この麹菌には種類があり、

と醸すお酒の種類によって使い分けられています。

敢えて黄麹ではなく、白麹を使用して醸されたのがこちらの「ライドホワイト」になります。

白麹を使用したクエン酸で酸っぱい味わい日本酒に挑戦する酒蔵さんは増えていて、新政酒造さんの「亜麻猫(あまねこ)」が有名ですよね。

他にも、新政特別頒布会2021のお酒に「No.6 K-type」という白麹菌のみで醸された「酸味の核弾頭」と表現された日本酒があります。

下記の記事に麹菌のことなど詳しく記載していますので、興味がありましたらご一緒に読んでみてください。

\No.6「K-Type」「C-Type」多様な麹菌を使用し醸されたお酒/

{$title}
【飲み比べ】新政頒布会 2021【7月分】No.6「K-Type」「C-Type」その味わいは?

当サイトでは他にも東鶴(あずまつる)さんの「WHITE」という白麹を使用した日本酒をいただいたことがあります。

\東鶴「WHITE」「BLACK」飲み比べ/

{$title}
【飲み比べ】東鶴(あずまつる)純米吟醸生「WHITE」「BLACK」白麹・黒麹の日本酒その味わいは?

上記の飲み比べ記事にある「BLACK」は「黒麹」を使用して醸されたお酒になります。

ride?BLACK(ライドブラック)もあります!

ride?BLACK(ライドブラック)もあります!
黒麹の話が出たので一緒に紹介しておくと、五橋のライドシリーズにも「ライドブラック」が存在します。

という名前で、こちらはまだ味わったことの無い日本酒です。

ライドホワイト同様に、呑みの市限定出品のお酒で激レアとなっています。

という特徴があり、酸味と低精白によるボリューミーな味わいを楽しめる内容となっています。

ライドホワイトとの飲み比べも楽しいかもしれませんね!

ride?シリーズには他にも

などがあり、ライドは甘味と酸味を意識した新感覚のお酒シリーズとなっています。

ride?ピンクを飲みましたが、めちゃめちゃ好みの味わいで大好きになりました。

\なによりケンタッキーに合う!/

ride?ピンクを飲んだ感想はこちら

{$title}
【ケンタッキー】に合う日本酒は?【五橋 RIDE PINK 純米大吟醸桃色にごり】をペアリング!

五橋 ride? 純米大吟醸白糀46(しろこうじシロ)を飲んでみての感想は?

五橋 ride? 純米大吟醸白糀46(しろこうじシロ)を飲んでみての感想は?

白麹を使用した日本酒の味わいはとても好きなので、飲む前から期待をしていました。

なんと言っても重たくなくて飲みやすい!

というイメージがあります。

酒井酒造さんのライドホワイトはどうでしょうか?

実際に飲んだ感想を書いてゆきたいと思います。

香ってみると…

柑橘系の香り。

そして甘さも香ります。

ひと口含むと…

「あ、おいし…」

まで来たところで

「甘~~~い!」

かなりな甘さがあります。

すももやプラムといった酸味のある甘さです。

ですが、酸味があるので甘さもスッキリ!後口がとっても良い感じです。

うーん、これはジュースを飲んでる感じがあります。

甘酸のバランスが良くておいしいです。

そしてゴクゴク飲めちゃって危険です。(アルコール分14度)

料理と一緒に…

まずは、ねばねばサラダ!

あ、これは納豆に合わないタイプの日本酒です(笑)

納豆のもわっと感がふわ~んと鼻を抜けていきます。

納豆に合う日本酒もあるのですが…残念。

次に、白菜と豚バラのミルフィーユ鍋!

なるほど。悪くありません。

豚の甘みにお酒の酸味が良い感じにマッチして美味しいです。

うん、おいしいお酒。

スイスイ飲めてしまって結局1本空いてしまいました…!

飲みやすくておいしかったです。

ごちそうさまでした♪

五橋「ride ホワイト」が合わない人は?

五橋「ride ホワイト」が合わない人は?

わたしは飲んでみて「甘酸っぱくて美味しい!」とスイスイ飲めちゃう日本酒でしたが、合わない人も居るかと思います

それは

です。

ですが、白麹を使用した日本酒が好きな人や白麹の日本酒をいろいろ飲んでみたい人にはおすすめの日本酒です。

新政酒造さんの亜麻猫(あまねこ)が好きな人にも、味比べの意味で飲んでみていただきたい。そんな日本酒です。

当たり前ですが、酒蔵さんによって個性が異なるので面白いですよね。

気になったあなたはぜひお試しください。

五橋RIDEシリーズのお酒を買うには?

五橋RIDEシリーズのお酒を買うには?

酒井酒造株さんの醸す「RIDEシリーズ」は、特約店さんにて購入することができます。

自社で「日本酒ショップ五橋」というオンライン販売サイトを用意していますがこちらでの購入はできません。

特約店さんは、公式サイトにある「五(five)を買える店」というページに掲載されていました。

五(five)を扱っている=RIDEシリーズも入荷可能ということですが、

【ライドホワイト(白麹)】
【ライドブラック(黒麹)】

に関しては「その中でも限られたお店」での取り扱いとなっています。

調べてみたところ、例えば下記の酒販店さんで購入することができます。

12月23日現在、させ酒店でしたら「ホワイト・ブラック」ともに在庫があり購入可能です。

気になったあなたはぜひチェックしてみてくださいね。

五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46のデータ

五橋 ride? WHITE 純米大吟醸白糀46のデータ

特定名称  :純米大吟醸
原材料名  :米(山口県産)米こうじ(山口県産米)
原料米   :日本晴、山田錦
精米歩合  :46%
アルコール分:14度
内容量   :720ml
価格    :2,200円(税込)
製造者   :酒井酒造株式会社/山口県岩国市中津町1丁目1-31
公式サイト :https://www.gokyo-sake.co.jp/
公式Twitter :https://twitter.com/sakaisyuzo
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9S76PrxeMQ6QirZsQw1dHA

酒井酒造さんの魅力が分かる!YouTube「山口県岩国市で造る日本酒【五橋】チャンネル」もぜひご一緒にどうぞ!

この記事が役に立ったらシェアをお願いします
この記事を書いた人
ねこと日本酒 なかのひと
日本酒メディアを任されたお酒と猫が好きなひと。コンセプトは「日本酒の新しい楽しみ方を発見するサイト」。伝えるには知識不足を感じ唎酒師の資格を取得しました(* ´ω` *)まだまだ勉強中ですが、日本酒を飲んで笑顔になったり「日本酒飲みたい~」と思ってもらえるようなサイトを目指しています!日本酒はおいしいヨ♪
記事一覧

新着記事

もっとみる